It's Our Solution

It's Our Solution

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Projection Mapping
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

- - - - - - - - - - - -
Projection Mapping
- - - - - - - - - - - -

プロジェクションマッピング

 
《制作実績》 

2017年5月

第50回アジア開発銀行年次総会[パシフィコ横浜]

茶室・障子プロジェクションマッピング

2017年4月

光が丘IMA 30th Anniversary

オープニングセレモニープロジェクションマッピング

2016年11月

Staro Rīga 2016[北欧・ラトビア共和国/首都リガ]

SUMO 2016 -rematch-

2016年9月

プロジェクションマッピング国際コンペティション in にいがた☆MINATOPIKA

新潟市特別賞『CONNECT』

2015年11月

長崎・波佐見町 波佐見「光絵付」

旧中央小学校講堂プロジェクションマッピング

2015年11月

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2015[秋葉原UDX]

未来のガンプラ工場プロジェクションマッピング

2015年3-11月

GUNPLA EXPO JAPAN TOUR 2015

特別展示プロジェクションマッピング

2014年11月

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014[秋葉原UDX]

ガンプラ35th 巨大成形機プロジェクションマッピング

2014年10月

MEDI-ARTz ZUSHI

プロジェクションマッピング国際コンペティティション 準グランプリ『SUMO』

2013年12月

ジャンプフェスタ2014[幕張メッセ]

データカードダス『マジンボーン』マジックビジョンシアター

2013年7月

GUNPLA EXPO WORLD TOUR 2013[香港/シンガポールほか]

メガサイズRX78-2ガンダム

2013年1月     

次世代ワールドホビーフェア '13 Winter

メガサイズRX78-2ガンダム

2012年12月

ジャンプフェスタ2013[幕張メッセ]

バンダイナムコゲームス ワンピース海賊無双 4Dマッピングショー

2012年11月

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2012[秋葉原UDX]

メガサイズRX78-2ガンダム

 
 

 
 
 

 
 

波佐見「光絵付」

 
《制作実績》 
2017年5月
第50回アジア開発銀行年次総会
[パシフィコ横浜]
茶室・障子プロジェクションマッピング
 
2017年4月
光が丘IMA 30th Anniversary
オープニングセレモニー
プロジェクションマッピング
 
2016年11月
Staro Rīga 2016[ラトビア共和国/首都リガ]
SUMO 2016 -rematch-
 
2016年9月
プロジェクションマッピング
国際コンペ in にいがた☆MINATOPIKA
新潟市特別賞『CONNECT』
 
2015年11月
長崎・波佐見町 波佐見「光絵付」
旧中央小学校講堂
 
2015年11月
GUNPLA EXPO
WORLD TOUR JAPAN 2015
[秋葉原UDX]
未来のガンプラ工場
 
2015年3-11月
GUNPLA EXPO JAPAN TOUR 2015
特別展示
 
2014年11月
GUNPLA EXPO
WORLD TOUR JAPAN 2014
[秋葉原UDX]
ガンプラ35th 巨大成形機
 
2014年10月
MEDI-ARTz ZUSHI
プロジェクションマッピング
国際コンペ 準グランプリ『SUMO』
 
2013年12月
ジャンプフェスタ2014[幕張メッセ]
データカードダス『マジンボーン』
マジックビジョンシアター
 
2013年7月
GUNPLA EXPO
WORLD TOUR 2013
[香港/シンガポールほか]
メガサイズRX78-2ガンダム
 
2013年1月     
次世代ワールドホビーフェア
'13 Winter
メガサイズRX78-2ガンダム
 
2012年12月
ジャンプフェスタ2013[幕張メッセ]
バンダイナムコゲームス
ワンピース海賊無双
4Dマッピングショー
 
2012年11月
GUNPLA EXPO
WORLD TOUR JAPAN 2012
[秋葉原UDX]
メガサイズRX78-2ガンダム
 

MEDI-ARTz ZUSHI
プロジェクションマッピング
国際コンペ 準グランプリ『SUMO』

 

波佐見「光絵付」

 
2015年10月末からおよそ1ヶ月間、長崎県の焼き物・波佐見焼で有名な波佐見町の築およそ80年の旧小学校講堂ステージで、波佐見町ならではの陶磁器のデザインのイメージやモチーフとなった元となるイラストを地元の窯元・商社の協力のもと制作しました。オープニング・エンディングCGをはじめ、各カテゴリーの扉イラストのモーショングラフィックス、窯元・商社のデザインモーショングラフィックス、また選曲・作曲までのすべてのコンテンツのフィニッシングを行いました。およそ13分のプロジェクションマッピング 波佐見「光絵付」が公開され、地元をはじめ観光客の多くの方に楽しんで頂きました。
 
オープニング・エンディングはCinema4Dを使用し歴史を感じさせる煉瓦造りの建物をモデリング。トランジションには主にMoGraphを使用しました。各カテゴリーの扉のグラフィックスは、長崎県や波佐見町の自然をイメージしたものや波佐見焼デザインのモチーフとなっているものからヒントを得て制作しました。
・春 - しだれ桜/つつじ
・夏 - 棚田 / 稲穂
・秋 - 紅葉 / 彼岸花
・冬 - 椿
・海 - 長崎 / 波佐見町の波という字
これらをモチーフにしてオリジナルイラストを描き起こし、箱庭や機械仕掛けの人形劇の舞台をイメージして可愛らしく表現しました。
 
URL : http://hikarietsuke.com
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Illustrator
 Adobe Photoshop
 MAXON Cinema4D
 Apple Logic Pro X
 

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2015
"未来のガンプラ工場"

 
2015年11月20日-23日の4日間開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2015』では、未来のガンプラ工場というコンセプトで幅20m×高さ6mの屋内大型プロジェクションマッピングを制作しました。
可動式のパネルや電気制御可能な乳半スクリーン、床面LED、ロボットアーム、照明、レーザーなどを組み合わせた5分30秒のショーのうち、弊社では映像コンテンツの構成から、デザイン・編集・合成・フィニッシングを担当。ガンプラEXPOの大型展示としてたくさんの来場者を楽しませることができました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Illustrator
 MAXON Cinema4D
 3DCG:株式会社モイ
 

正面パネルはプロジェクション、床面はLEDが敷きつめられている
 

タイムコード制御で稼働する左右のパネルが開くと、下の両サイドには電気制御で
透明-半透明切り替え可能な液晶シートを貼ったパネルが現れる。
パネルのプロジェクションもトライアンドエラーを重ねトラッキング。
 

中央のパネルが開くと1/1ガンプラヘッドが現れる

©創通・サンライズ

 

GUNPLA EXPO JAPAN TOUR 2015
ガンプラ35周年特別展示プロジェクションマッピング

 
2015年3月名古屋パルコを皮切りに福岡・仙台・札幌・広島・大阪で開催された『GUNPLA EXPO JAPAN TOUR 2015』
このイベントではガンプラ35周年の特別展示として、ガンプラのパッケージをイメージしたプロジェクションマッピングが展示されました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Photoshop
 Adobe Illustrator
 MAXON Cinema4D
 

ガンプラ35年の歴史を当時のCMやパッケージなどで振り返る
 

壁面から飛び出したオブジェクトにパッケージデザインをマッピング
 

©創通・サンライズ

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014
1/1 Scale 巨大ガンプラ射出成形機

 
2014年11月21日-24日の4日間開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014』では、ガンプラ誕生35周年を記念して巨大ガンプラ射出成形機を模した幅10m×高さ6mの可動式オブジェにプロジェクションマッピングを行いました。
金型をイメージした可動式の扉はタイムコード制御されており、開いた扉の間には透明スクリーン、更にその奥にはマルチモニタが設置され、全面プロジェクションマッピング/透明スクリーン/マルチモニタの3 ソースの映像コンテンツを同期させた複雑なシステムとなりました。弊社では映像コンテンツの構成から、デザイン・編集 ・合成 ・フィニッシングを担当しました。 
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Photoshop
 Adobe Illustrator
 MAXON Cinema4D
 

1/1ガンプラを製造する射出成形機をイメージした巨大なオブジェクト
 

ガンプラ35年の歴史を当時のCMやパッケージなどで振り返る
 

金型をイメージした中央の扉が開くと透明スクリーンとマルチディスプレイが現れ、
レイヤー感のある映像演出ができた

©創通・サンライズ

メディアーツ逗子
1min.プロジェクションマッピング国際コンペティション

 
2014年10月に神奈川県逗子市で行われたメディアアートイベント『メディアーツ逗子』の1min.プロジェクションマッピング国際コンペティションにエントリーしました。このコンペティションでは「WA」というテーマのもと国内・海外から募集を募り、世界から30数作品が集まりました。
 

浮世絵風イラストアニメーションの取組
 

相撲の大屋根をCINEMA4Dでモデリング
 
「WA」というテーマを"輪"と"和"と解釈し、閃いたのが相撲の土俵。
和をグラフィカルに表現したいという思いのもと制作を開始。
当初、実写を撮影しそれを加工する案もありましたが、最終的には浮世絵を参考にイラストを描き起こし2DアニメーションとCINEMA4Dで制作した3DCGを元にAfterEffectsでコンポジットしました。音楽はLogic Pro Xでオリジナルに制作。冒頭の相撲ならではの「寄せ太鼓」の音はiPadをコントローラとしてリアルタイムにタップして録音しました。
この弊社オリジナル作品「SUMO」は準グランプリを獲得しました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 MAXON Cinema4D
 Apple Logic Pro X
 

3D空間を跳ねる金魚の浮世絵風イラストアニメーション
 

ジャンプフェスタ2014
マジンボーン マジックビジョンシアター

 
2013年12月21日(土)-22日(日)に幕張メッセで行われた『ジャンプフェスタ2014』では、バンダイブースにてプロジェクションマッピングとハーフミラーによるホログラム展示の両方を掛け合わせた『マジックビジョンシアター』として、データカードダス『マジンボーン』ディスプレイを公開。
およそ80cmの主人公ドラゴンボーンの真っ白いフィギュアへのプロジェクションマッピングし、さらに3DCGのホログラム映像でカードによる変身シーンをイメージ、来場者の目をを釘付けにしました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Photoshop
 Adobe Illustrator
 MAXON Cinema4D
 
 

ジャンプフェスタ2013
「ワンピース 海賊無双2」4Dプロジェクションマッピングショー
バンダイナムコゲームス ステージアテンション

 
2012年12月22日〜23日に幕張メッセで開催された『ジャンプフェスタ2013』ではバンダイナムコゲームス(現バンダイナムコエンターテインメント)ブースにて新タイトル『ワンピース 海賊無双2』のプロモーションとして4Dプロジェクションマッピングショーが行われました。このステージは真っ白な幅およそ20mのステージに役者・舞台装置・特効・照明と共にプロジェクションマッピングを使い、ゲーム映像のバーチャルな世界と役者によるリアルなアクションが融合したワンピースの世界観のハイレベルなステージが披露されました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Photoshop
 Adobe Illustrator
 MAXON Cinema4D
 
このステージではオーディエンスとプロジェクター位置が大きくずれていることから、一度最適視聴ポイント(ステージセンター、ステージ前面より10m下がったところで床面から150cmの目の高さを最適視点をとした)でマッピング映像を制作し、それをCinema4Dでモデリングしたステージにカメラマップをし、再度プロジェクター位置でレンダリングを行いました。それによってよりリアルにステージが動いているような錯覚になるプロジェクションマッピングが実現しました。
 
 

 

メガサイズRX78-2ガンダム

 
2012年11月に秋葉原UDXで開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2012』では1/48 MEGA SIZE MODELのRX-78-2 GUNDAM(高さおよそ35cm)のプラモデルと、その周りのブロックキューブにプロジェクションマッピングを行い、来場者に新たなガンプラのジオラマ展示を提案しました。
 

 
また後に、このコンテンツは可搬性を考慮した改良を加え『次世代ワールドホビーフェア'13』やお台場の複合施設ダイバシティ東京プラザ内の『ガンダムフロント東京』の有料ゾーン、さらには香港やシンガポール、バンコクなどで開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR』などアジア各国でも展示されました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Photoshop
 EPSON EH-TW400
 

©創通・サンライズ

 

Apple Macintosh ClassicII

 
2010年、オフィスのエントランスにディスプレイしてあったApple Macintosh Classic II(1991年発売)に実験的にプロジェクションマッピングを試み、オリジナルムービーを制作。
マッピングソフトを使用せず、直接Adobe After Effectsでマスクをとりその場でリアルタイムに制作。サウンドも8bit音源を主に使用しMacintosh Classic II発売当時のカルチャーを懐古しつつも、グラフィカルに表現しました。
 
URL : https://vimeo.com/25994446
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Apple Final Cut Pro 7
 EPSON EH-TW400
 

 
 
 
 

波佐見「光絵付」

 
2015年10月末からおよそ1ヶ月間、長崎県の焼き物・波佐見焼で有名な波佐見町の築およそ80年の旧小学校講堂ステージで、波佐見町ならではの陶磁器のデザインのイメージやモチーフとなった元となるイラストを地元の窯元・商社の協力のもと制作しました。オープニング・エンディングCGをはじめ、各カテゴリーの扉イラストのモーショングラフィックス、窯元・商社のデザインモーショングラフィックス、また選曲・作曲までのすべてのコンテンツのフィニッシングを行いました。およそ13分のプロジェクションマッピング 波佐見「光絵付」が公開され、地元をはじめ観光客の多くの方に楽しんで頂きました。
 

 
オープニング・エンディングはCinema4Dを使用し歴史を感じさせる煉瓦造りの建物をモデリング。トランジションには主にMoGraphを使用しました。各カテゴリーの扉のグラフィックスは、長崎県や波佐見町の自然をイメージしたものや波佐見焼デザインのモチーフとなっているものからヒントを得て制作しました。
・春 - しだれ桜/つつじ
・夏 - 棚田 / 稲穂
・秋 - 紅葉 / 彼岸花
・冬 - 椿
・海 - 波佐見町の波という字
これらをモチーフにしてオリジナルイラストを描き起こし、箱庭や機械仕掛けの人形劇の舞台をイメージして可愛らしく表現しました。
 
 http://hikarietsuke.com
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Illustrator
 Adobe Photoshop
 MAXON Cinema4D
 Apple Logic Pro X
 

 

 

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2015
"未来のガンプラ工場"

 
2015年11月20日-23日の4日間開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2015』では、未来のガンプラ工場というコンセプトで幅20m×高さ6mの屋内大型プロジェクションマッピングを制作しました。
可動式のパネルや電気制御可能な乳半スクリーン、床面LED、ロボットアーム、照明、レーザーなどを組み合わせた5分30秒のショーのうち、弊社では映像コンテンツの構成から、デザイン・編集・合成・フィニッシングを担当。ガンプラEXPOの大型展示としてたくさんの来場者を楽しませることができました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Illustrator
 MAXON Cinema4D
 3DCG:株式会社モイ
 

正面パネルはプロジェクション、床面はLEDが敷きつめられている
 

タイムコード制御で稼働する左右のパネルが開くと、下の両サイドには電気制御で
透明-半透明切り替え可能な液晶シートを貼ったパネルが現れる。
パネルのプロジェクションもトライアンドエラーを重ねトラッキング。
 

中央のパネルが開くと1/1ガンプラヘッドが現れる

©創通・サンライズ

 

GUNPLA EXPO JAPAN TOUR 2015
ガンプラ35周年特別展示プロジェクションマッピング

 
2015年3月名古屋パルコを皮切りに福岡・仙台・札幌・広島・大阪で開催された『GUNPLA EXPO JAPAN TOUR 2015』
このイベントではガンプラ35周年の特別展示として、ガンプラのパッケージをイメージしたプロジェクションマッピングが展示されました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Photoshop
 Adobe Illustrator
 MAXON Cinema4D
 

ガンプラ35年の歴史を当時のCMやパッケージなどで振り返る
 

壁面から飛び出したオブジェクトにパッケージデザインをマッピング
 

©創通・サンライズ

 

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014
1/1 Scale 巨大ガンプラ射出成形機

 
2014年11月21日-24日の4日間開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014』では、ガンプラ誕生35周年を記念して巨大ガンプラ射出成形機を模した幅10m×高さ6mの可動式オブジェにプロジェクションマッピングを行いました。
金型をイメージした可動式の扉はタイムコード制御されており、開いた扉の間には透明スクリーン、更にその奥にはマルチモニタが設置され、全面プロジェクションマッピング/透明スクリーン/マルチモニタの3 ソースの映像コンテンツを同期させた複雑なシステムとなりました。弊社では映像コンテンツの構成から、デザイン・編集 ・合成 ・フィニッシングを担当しました。 
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Photoshop
 Adobe Illustrator
 MAXON Cinema4D
 

1/1ガンプラを製造する射出成形機をイメージした巨大なオブジェクト
 

ガンプラ35年の歴史を当時のCMやパッケージで振り返る
 

金型をイメージした中央の扉が開くと透明スクリーンとマルチディスプレイが現れ、
レイヤー感のある映像演出ができた

©創通・サンライズ

 

メディアーツ逗子
1min.プロジェクションマッピング国際コンペティション

 
2014年10月に神奈川県逗子市で行われたメディアアートイベント『メディアーツ逗子』の1min.プロジェクションマッピング国際コンペティションにエントリーしました。このコンペティションでは「WA」というテーマのもと国内・海外から募集を募り、世界から30数作品が集まりました。
 

浮世絵風イラストアニメーションの取組
 

相撲の大屋根をCINEMA4Dでモデリング
 
「WA」というテーマを"輪"と"和"と解釈し、閃いたのが相撲の土俵。
和をグラフィカルに表現したいという思いのもと制作を開始。
当初、実写を撮影しそれを加工する案もありましたが、最終的には浮世絵を参考にイラストを描き起こし2DアニメーションとCINEMA4Dで制作した3DCGを元にAfterEffectsでコンポジットしました。音楽はLogic Pro Xでオリジナルに制作。冒頭の相撲ならではの「寄せ太鼓」の音はiPadをコントローラとしてリアルタイムにタップして録音しました。
この弊社オリジナル作品「SUMO」は準グランプリを獲得しました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 MAXON Cinema4D
 Apple Logic Pro X
 

3D空間を跳ねる金魚の浮世絵風イラストアニメーション
 

ジャンプフェスタ2014
マジンボーン マジックビジョンシアター

 
2013年12月21日(土)-22日(日)に幕張メッセで行われた『ジャンプフェスタ2014』では、バンダイブースにてプロジェクションマッピングとハーフミラーによるホログラム展示の両方を掛け合わせた『マジックビジョンシアター』として、データカードダス『マジンボーン』ディスプレイを公開。
およそ80cmの主人公ドラゴンボーンの真っ白いフィギュアへのプロジェクションマッピングし、さらに3DCGのホログラム映像でカードによる変身シーンをイメージ、来場者の目をを釘付けにしました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Photoshop
 Adobe Illustrator
 MAXON Cinema4D
 

ジャンプフェスタ2013
ワンピース海賊無双2
4Dプロジェクションマッピングショー
バンダイナムコゲームス
ステージアテンション

 
2012年12月22日〜23日に幕張メッセで開催された『ジャンプフェスタ2013』ではバンダイナムコゲームス(現バンダイナムコエンターテインメント)ブースにて新タイトル『ワンピース 海賊無双2』のプロモーションとして4Dプロジェクションマッピングショーが行われました。このステージは真っ白な幅およそ20mのステージに役者・舞台装置・特効・照明と共にプロジェクションマッピングを使い、ゲーム映像のバーチャルな世界と役者によるリアルなアクションが融合したワンピースの世界観のハイレベルなステージが披露されました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Photoshop
 Adobe Illustrator
 MAXON Cinema4D
 
このステージではオーディエンスとプロジェクター位置が大きくずれていることから、一度最適視聴ポイント(ステージセンター、ステージ前面より10m下がったところで床面から150cmの目の高さを最適視点をとした)でマッピング映像を制作し、それをCinema4Dでモデリングしたステージにカメラマップをし、再度プロジェクター位置でレンダリングを行いました。それによってよりリアルにステージが動いているような錯覚になるプロジェクションマッピングが実現しました。
 

メガサイズ
RX78-2ガンダム

 
2012年11月に秋葉原UDXで開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2012』では1/48 MEGA SIZE MODELのRX-78-2 GUNDAM(高さおよそ35cm)のプラモデルと、その周りのブロックキューブにプロジェクションマッピングを行い、来場者に新たなガンプラのジオラマ展示を提案しました。
 

 
また後に、このコンテンツは可搬性を考慮した改良を加え『次世代ワールドホビーフェア'13』やお台場の複合施設ダイバシティ東京プラザ内の『ガンダムフロント東京』の有料ゾーン、さらには香港やシンガポール、バンコクなどで開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR』などアジア各国でも展示されました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Photoshop
 EPSON EH-TW400
 

©創通・サンライズ

 

Apple Macintosh ClassicII

 
2010年、オフィスのエントランスにディスプレイしてあったApple Macintosh Classic II(1991年発売)に実験的にプロジェクションマッピングを試み、オリジナルムービーを制作。マッピングソフトを使用せず、直接Adobe After Effectsでマスクをとりその場でリアルタイムに制作。サウンドも8bit音源を主に使用しMacintosh Classic II発売当時のカルチャーを懐古しつつも、グラフィカルに表現しました。
 
https://vimeo.com/25994446
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Apple Final Cut Pro 7
 EPSON EH-TW400
 

 
 
 
 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Holographic Display
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

- - - - - - - - - - - -

Holographic Display
- - - - - - - - - - - -

 ホログラムディスプレイ

 
《制作実績》 

2015年3月-

GUNPLA EXPO JAPAN TOUR [名古屋/福岡/大阪ほか]

HG RIVIVE RX-78-2 マジックビジョン展示

2014年11月

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014 [秋葉原UDX]

REAL GRADE No.17 WING GUNDAM ZERO EW マジックビジョン展示

2014年7月-

GUNPLA EXPO WORLD TOUR 2014 [香港/シンガポールほか]

ガンダムビルドファイターズ マジックビジョン展示

2013年12月

ジャンプフェスタ2014 [幕張メッセ]

データカードダス『マジンボーン』マジックビジョンシアター

 

 
 
 

©創通・サンライズ

 

©創通・サンライズ

 
 
《制作実績》 
2015年3月-
GUNPLA EXPO JAPAN TOUR
[名古屋/福岡/大阪ほか]
HG RIVIVE RX-78-2
マジックビジョン展示
 
2014年11月
GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014 [秋葉原UDX]
REAL GRADE No.17 WING GUNDAM ZERO EW マジックビジョン展示
 
2014年7月-
GUNPLA EXPO WORLD TOUR 2014 [香港/シンガポールほか]
ガンダムビルドファイターズ マジックビジョン展示
 
2013年12月
ジャンプフェスタ2014 [幕張メッセ]
データカードダス『マジンボーン』マジックビジョンシアター
 
 

GUNPLA EXPO JAPAN TOUR 2015
"HG REVIVE RX-78-2"

 
2015年3月名古屋パルコを皮切りに福岡・仙台・札幌・広島・大阪で開催された『GUNPLA EXPO JAPAN TOUR 2015』
ガンプラ35周年のこの年に発表された新たなガンプラHGシリーズを既存のものと比較し、その進化をホログラムディスプレイを用いて紹介しました。このホログラム展示は42インチサイズで制作し、HGシリーズの新旧のRX-72-2ガンダムを左右に配置。その周囲に浮かび上がる情報と共に、さらに背面にも42インチモニタを置き、グラフィカルでわかりやすい比較展示をおこないました。また、ガンプラ本体を照らすダウンライトは左右独立した回路でDMX 制御によりコントロールしています。このシステムは、VDMXでホログラムと背面映像の2ソースをHDMI出力すると共に、トリガー信号をQ Light Controller+に送信。さらにDMX信号を調光ユニットに送り照明を制御しました。これにより、映像だけでなくトータルで展示物を演出することができました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 VDMX5
 Q Light Controller+
 調光ユニット
 42インチモニタ 2台
 3DCG:株式会社モイ
 

 
 

左が旧HG RX-72-2ガンダム、右が新生-REVIVE- RX-72-2ガンダム

©創通・サンライズ

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014
"REAL GRADE No.17 WING GUNDAM ZERO EW"

 
2014年11月21日-24日の4日間、秋葉原UDXで開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014』にて展示。
ガンプラRGシリーズの特徴でもあるアドヴァンスドMSジョイントを軸にウィングガンダムゼロカスタムが組み立てらる様子をホログラムディスプレイを用いて演出しました。システム的にはGUNPLA EXPO WORLD TOUR 2014 "GUNDAM BUILD FIGHTERS 3D DISPLAY" と同様の技法を用いました。 
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Illustrator
 Adobe Photoshop
 Apple Logic Pro X
 EPSON EH-TW400 
 42 インチモニタ
 3DCG:株式会社モイ
 



©創通・サンライズ

GUNPLA EXPO WORLD TOUR 2014
"GUNDAM BUILD FIGHTERS 3D DISPLAY" 

 
2014年、上海や台湾など世界各地で開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR 2014』にて展示。 
ガンダムのプラモデル、通称「ガンプラ」が戦うというガンダムビルドファイターズの世界観をハーフミラーを用いたホログラムディスプレイで演出しました。42インチサイズのホログラムディスプレイの奥には、機種やポーズの異なる1/144スケールのガンプラを8体設置。その8体を同時に見せるのではなく、映像の展開に合わせて対象となる機体をライトアップし、それ以外は照明を落として存在を隠しました。プロジェクターを照明代わりとし映像として投射することにより、爆発などの効果をつけることができ、ホログラムディスプレイと照明用プロジェクターの2画面同期のみというシンプルなシステムで構成しました。静止している展示物に動きを感じさせる演出を実現することができました。 
 
 
《Equipments / Applications》 
 Adobe After Effects 
 Adobe Premiere Pro 
 Adobe Photoshop 
 EPSON EH-TW400 
 42インチモニタ 
 



©創通・サンライズ・テレビ東京

GUNPLA EXPO JAPAN TOUR 2015
"HG REVIVE RX-78-2"

 
2015年3月名古屋パルコを皮切りに福岡・仙台・札幌・広島・大阪で開催された『GUNPLA EXPO JAPAN TOUR 2015』
ガンプラ35周年のこの年に発表された新たなガンプラHGシリーズを既存のものと比較し、その進化をホログラムディスプレイを用いて紹介しました。このホログラム展示は42インチサイズで制作し、HGシリーズの新旧のRX-72-2ガンダムを左右に配置。その周囲に浮かび上がる情報と共に、さらに背面にも42インチモニタを置き、グラフィカルでわかりやすい比較展示をおこないました。また、ガンプラ本体を照らすダウンライトは左右独立した回路でDMX 制御によりコントロールしています。このシステムは、VDMXでホログラムと背面映像の2ソースをHDMI出力すると共に、トリガー信号をQ Light Controller+に送信。さらにDMX信号を調光ユニットに送り照明を制御しました。これにより、映像だけでなくトータルで展示物を演出することができました。
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 VDMX5
 Q Light Controller+
 調光ユニット
 42インチモニタ 2台
 3DCG:株式会社モイ
 

 
 

左が旧HG RX-72-2ガンダム、右が新生-REVIVE- RX-72-2ガンダム

©創通・サンライズ

 

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014
"REAL GRADE No.17 WING GUNDAM ZERO EW"

 
2014年11月21日-24日の4日間、秋葉原UDXで開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014』にて展示。
ガンプラRGシリーズの特徴でもあるアドヴァンスドMSジョイントを軸にウィングガンダムゼロカスタムが組み立てらる様子をホログラムディスプレイを用いて演出しました。システム的にはGUNPLA EXPO WORLD TOUR 2014 "GUNDAM BUILD FIGHTERS 3D DISPLAY" と同様の技法を用いました。 
 
《Equipments / Applications》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Illustrator
 Adobe Photoshop
 Apple Logic Pro X
 EPSON EH-TW400 
 42 インチモニタ
 3DCG:株式会社モイ
 



©創通・サンライズ

 

GUNPLA EXPO WORLD TOUR 2014
"GUNDAM BUILD FIGHTERS 3D DISPLAY" 

 
2014年、上海や台湾など世界各地で開催された『GUNPLA EXPO WORLD TOUR 2014』にて展示。 
ガンダムのプラモデル、通称「ガンプラ」が戦うというガンダムビルドファイターズの世界観をハーフミラーを用いたホログラムディスプレイで演出しました。42インチサイズのホログラムディスプレイの奥には、機種やポーズの異なる1/144スケールのガンプラを8体設置。その8体を同時に見せるのではなく、映像の展開に合わせて対象となる機体をライトアップし、それ以外は照明を落として存在を隠しました。プロジェクターを照明代わりとし映像として投射することにより、爆発などの効果をつけることができ、ホログラムディスプレイと照明用プロジェクターの2画面同期のみというシンプルなシステムで構成しました。静止している展示物に動きを感じさせる演出を実現することができました。 
 
 
《Equipments / Applications》 
 Adobe After Effects 
 Adobe Premiere Pro 
 Adobe Photoshop 
 EPSON EH-TW400 
 42インチモニタ 
 



©創通・サンライズ・テレビ東京


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Pressure Sensor Foot Switch
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

- - - - - - - - - - - -
Pressure Sensor
Foot Switch
- - - - - - - - - - - -

 

圧力センサーによるインタラクティブプロジェクションマッピング

 
秋葉原UDXで行われた「ガンプラEXPO2015」にてフットパネルを踏むことにより、ガンプラの色と音楽が変化するインタラクティブプロジェクションマッピングを制作しました。
ガンダムの世界観をイメージした六角形のフットパネルと、三面ミラーで囲むことによりカレイドスコープのように広がる空間のプロジェクションマッピング、それにエッジの効いた音楽や効果音でトリッキーな世界観を演出。真っ白いストライクガンダムがフットパネルを踏むたびに、様々な色に彩色されるような未来のペイントシステムをイメージした展示となりました。
来場者を楽しませるこのシステムに長い列が作られました。
 

 

フットパネルにはマイコン制御可能なフルカラーテープLEDを仕込み、ガンダムの基調カラーであるトリコロールに発光する3つのスイッチと、踏むたびにランダムに色が変わる2つのスイッチを用意し、オリジナルのガンダムカラーのプロジェクションマッピングほか、緑やピンクなどカスタマイズされたようなカラーに彩色されるなど、未来のガンプラの楽しみ方を提案しました。
 

 
フットパネルはゴムパッドに圧力センサーを挟み、ポリカーボネートのパネルで蓋をしました。これは、エレクトリックドラムのパッドからヒントを得ました。またフットパネルの中にはテープLEDを仕込み、乳半シートを貼ったポリカーボネートのパネルがマッピングと同色で光るようプログラムを組みました。圧力センサーからの値はarduinoに送られ、arduinoから色や光量などのLED制御信号を送っています。また、arduinoからPCに送られた圧力センサーの値は自作アプリで映像コンテンツを作りSyphon経由でMadMapperに送り、プロジェクターで出力しました。
 

MadMapperを使用し現場でマッピングの微調整を行う

 
今回使用されたガンプラはPGシリーズの 1/60 GAT-X105 ストライクガンダム。およそ本体30cmのサイズだが、存在感を増すために一辺70cmの正三角形ミラーの中に配置しました。それによって覗き込むと万華鏡のように無限に広がる空間でのプロジェクションマッピングが展開できました。
また、音楽は6つのトラックに楽器や旋律ごと分けたものを常にバックグラウンドで走らせ、フットパネルを踏む毎にパネルと対応したトラックのボリュームが上がると、同時に効果音がなるようプログラムしてあり、待機状態にはリズムを刻んだ基本となるトラックだけが聞こえるようにしました。
 

©創通・サンライズ

 
 
 

5つのフットパネルは踏むことによって発光し、それと同じ色がガンプラにマッピングされます。真ん中と手前2つのフットパネルはガンダムカラーに光り、奥の2つのパネルは踏むたびにランダムに色が変わるようにプログラムされています。
 

フットパネルのデバイス設計・制作も全て自社で制作
 
《Applications / Equipments》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Illustrator
 Adobe Photoshop
 MAXON CINEMA4D
 Apple Logic Pro X
 
 Apple Xcode
 openFrameworks
 Arduino
 Mad Mapper
 
 Apple MacBook Pro
 EPSON EH-TW400

圧力センサーによるインタラクティブプロジェクションマッピング

 
秋葉原UDXで行われた「ガンプラEXPO2015」にてフットパネルを踏むことにより、ガンプラの色と音楽が変化するインタラクティブプロジェクションマッピングを制作しました。
ガンダムの世界観をイメージした六角形のフットパネルと、三面ミラーで囲むことによりカレイドスコープのように広がる空間のプロジェクションマッピング、それにエッジの効いた音楽や効果音でトリッキーな世界観を演出。真っ白いストライクガンダムがフットパネルを踏むたびに、様々な色に彩色されるような未来のペイントシステムをイメージした展示となりました。
来場者を楽しませるこのシステムに長い列が作られました。
 

 
フットパネルにはマイコン制御可能なフルカラーテープLEDを仕込み、ガンダムの基調カラーであるトリコロールに発光する3つのスイッチと、踏むたびにランダムに色が変わる2つのスイッチを用意し、オリジナルのガンダムカラーのプロジェクションマッピングほか、緑やピンクなどカスタマイズされたようなカラーに彩色されるなど、未来のガンプラの楽しみ方を提案しました。
 

5つのフットパネルは踏むことによって発光し、それと同じ色がガンプラにマッピングされます。真ん中と手前2つのフットパネルはガンダムカラーに光り、奥の2つのパネルは踏むたびにランダムに色が変わるようにプログラムされています。
 

フットパネルのデバイス設計・制作も全て自社で制作
 
フットパネルはゴムパッドに圧力センサーを挟み、ポリカーボネートのパネルで蓋をしました。これは、エレクトリックドラムのパッドからヒントを得ました。またフットパネルの中にはテープLEDを仕込み、乳半シートを貼ったポリカーボネートのパネルがマッピングと同色で光るようプログラムを組みました。圧力センサーからの値はarduinoに送られ、arduinoから色や光量などのLED制御信号を送っています。また、arduinoからPCに送られた圧力センサーの値は自作アプリで映像コンテンツを作りSyphon経由でMadMapperに送り、プロジェクターで出力しました。
 

MadMapperを使用し現場でマッピングの微調整を行う

 
今回使用されたガンプラはPGシリーズの 1/60 GAT-X105 ストライクガンダム。およそ本体30cmのサイズだが、存在感を増すために一辺70cmの正三角形ミラーの中に配置しました。それによって覗き込むと万華鏡のように無限に広がる空間でのプロジェクションマッピングが展開できました。
また、音楽は6つのトラックに楽器や旋律ごと分けたものを常にバックグラウンドで走らせ、フットパネルを踏む毎にパネルと対応したトラックのボリュームが上がると、同時に効果音がなるようプログラムしてあり、待機状態にはリズムを刻んだ基本となるトラックだけが聞こえるようにしました。
 

 
《Applications / Equipments》
 Adobe After Effects
 Adobe Premiere Pro
 Adobe Illustrator
 Adobe Photoshop
 MAXON CINEMA4D
 Apple Logic Pro X
 Apple Xcode
 openFrameworks
 Arduino
 Mad Mapper
 Apple MacBook Pro
 EPSON EH-TW400
 

©創通・サンライズ


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Kinect Sensor Interactive Display

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

- - - - - - - - - - - -
Kinect Sensor
Interactive Display
- - - - - - - - - - - -

赤外線センサーインタラクティブ展示

 

2015年9月15日 - 29日
人間国宝小品展

2015年9月15日〜29日まで日本橋三越 6階美術フロアで開催された「人間国宝小品展」の作品紹介インタラクティブディスプレイの制作を行いました。全36点の人間国宝による作品を美術書風の3DCGグラフィックスで紹介。来場者が会場に近づくと紹介ムービーがスタートするというプログラムと3DCGによる作品紹介映像コンテンツの制作を行いました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
《Applications / Equipments》 
 CINEMA4D
 Adobe After Effects 
 Adobe Photoshop
 Adobe Premiere Pro
 
 Apple Xcode 
 openFrameworks 
 
 Apple MacBook Pro 
 Kinect v1
 EPSON EH-TW400

赤外線センサーインタラクティブ展示

 

2015年9月15日 - 29日
人間国宝小品展

2015年9月15日〜29日まで日本橋三越 6階美術フロアで開催された「人間国宝小品展」の作品紹介インタラクティブディスプレイの制作を行いました。全36点の人間国宝による作品を美術書風の3DCGグラフィックスで紹介。来場者が会場に近づくと紹介ムービーがスタートするというプログラムと3DCGによる作品紹介映像コンテンツの制作を行いました。
 
 
 
《Applications / Equipments》 
 CINEMA4D
 Adobe After Effects 
 Adobe Photoshop
 Adobe Premiere Pro
 Apple Xcode 
 openFrameworks 
 Apple MacBook Pro 
 Kinect v1
 EPSON EH-TW400
 
 

2016年4月19日 - 5月7日
日本橋三越本店 本館1F路面ディスプレイウィンドウ

 
2016年4月19日〜5月7日に展示された日本橋三越1F路面ウィンドウでは歩道を行き交う歩行者の動きに合わせて、全6面の大型液晶モニタに映し出された五線譜にカラフルな音符が舞い踊り、サウンドが奏でられるというインタラクティブコンテンツを制作いたしました。時間によってマリンバ/ハープ/ドラムス/民族楽器のサウンドに変化し東京日本橋の歩行者を楽しませることができました。

2016年4月19日 - 5月7日
日本橋三越本店 本館1F路面ディスプレイウィンドウ

 

 
2016年4月19日〜5月7日に展示された日本橋三越1F路面ウィンドウでは歩道を行き交う歩行者の動きに合わせて、全6面の大型液晶モニタに映し出された五線譜にカラフルな音符が舞い踊り、サウンドが奏でられるというインタラクティブコンテンツを制作いたしました。時間によってマリンバ/ハープ/ドラムス/民族楽器のサウンドに変化し東京日本橋の歩行者を楽しませることができました。
左右2面あるディスプレイウィンドウは音色やグラフィックを変え、それぞれ別々の2つのシステムで稼働。動く五線譜の上に音符やパーティクルを飛ばすことにより、華やかに演出しました。
 

 
3面のマルチモニタ化はResolume Arenaのマッピング機能を使用しました。また外部出力は、Appleの動作保証では2画面までとされていましたが、使用したMacBook ProはNVIDIAのGeForce GT 650Mが搭載されており、動作保証外ではあったが3面の外部出力が可能でした。ちなみにIntel Graphics搭載のMacBook Proでは公称通り2画面までしか出力できませんでした。
 

 
 《Applications / Equipments》 
 Adobe After Effects 
 Apple Logic Pro X 
 Apple Xcode 
 openFrameworks 
 Original Time Defference App.
 Resolume Arena4
 Apple MacBook Pro 
 Kinect v1
 

東京・日本橋の中央通り沿いでのインタラクティブ

左右2面あるディスプレイウィンドウは音色やグラフィックを変え、それぞれ別々の2つのシステムで稼働。動く五線譜の上に音符やパーティクルを飛ばすことにより、華やかに演出しました。
 

東京・日本橋の中央通り沿いでのインタラクティブ
 
3面のマルチモニタ化はResolume Arenaのマッピング機能を使用しました。また外部出力は、Appleの動作保証では2画面までとされていましたが、使用したMacBook ProはNVIDIAのGeForce GT 650Mが搭載されており、動作保証外ではあったが3面の外部出力が可能でした。ちなみにIntel Graphics搭載のMacBook Proでは公称通り2画面までしか出力できませんでした。
 


 
 《Applications / Equipments》 
 Adobe After Effects 
 Apple Logic Pro X 
 
 Apple Xcode 
 openFrameworks 
 Original Time Defference Application
 Resolume Arena4
 
 Apple MacBook Pro 
 Kinect v1

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
QR Code Reading System

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

- - - - - - - - - - - -
QR Code
Reading System
- - - - - - - - - - - -

QRコード読み取りシステムを使用したディスプレイ

 
2014年10月に秋葉原UDXにて開催された「GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014」にて、ガンプラのパッケージがベルトコンベアによって運ばれ、手前の透明スクリーンにパッケージのスキャン画像が映るように見えるシステムは、QRコードの読み取りシステムが可能にしました。
 
ベルトコンベアで運ばれてくるパッケージオブジェの後ろに各々個別のQRコードが貼ってあり、展示ゾーンに現れる直前にQRコードで個体を認識し、それに対応する映像データがパッケージに合わせてスライドしながら表示させるというプログラムを組みました。
 

ベルトコンベアのタイミングに合わせて、その都度QRコードを読み映像を表示するため、パッケージと映像がずれることなく、短時間でのセッティングが可能となりました。

X線でスキャンし内容物のチェック。未来の検品作業をイメージ

©創通・サンライズ

 
 
《Applications / Equipments》 
 Adobe After Effects 
 
 Apple Xcode 
 openFrameworks 
 
 Apple Mac mini
 USB Web Camera
 
 インターフェイスデザイン:株式会社モイ
 

 ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

QRコード読み取りシステムを使用したディスプレイ

 
2014年10月に秋葉原UDXにて開催された「GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014」にて、ガンプラのパッケージがベルトコンベアによって運ばれ、手前の透明スクリーンにパッケージのスキャン画像が映るように見えるシステムは、QRコードの読み取りシステムが可能にしました。ベルトコンベアで運ばれてくるパッケージオブジェの後ろに各々個別のQRコードが貼ってあり、展示ゾーンに現れる直前にQRコードで個体を認識し、それに対応する映像データがパッケージに合わせてスライドしながら表示させるというプログラムを組みました。
 

ベルトコンベアのタイミングに合わせて、その都度QRコードを読み映像を表示するため、パッケージと映像がずれることなく、短時間でのセッティングが可能となりました。

X線でスキャンし内容物のチェック。未来の検品作業をイメージ

 

 
《Applications / Equipments》 
 Adobe After Effects 
 Apple Xcode 
 openFrameworks 
 Apple Mac mini
 USB Web Camera
 Interface Design:株式会社モイ
 

 ©創通・サンライズ 
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Face Tracking System
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

- - - - - - - - - - - -
Face Tracking System
- - - - - - - - - - - -

フェイストラッキングシステム(顔認識追従システム)

 
放送用カメラはもちろん、小型ハンディカムやWebカメラからでも画像処理を行うことができる比較的手軽で小規模でも対応可能なインタラクティブ環境を構築できるフェイストラッキングシステム。カメラで捉えた画像から顔を認識し、メガネやお面をかぶせることができたり、その周囲に漫画のようにフキダシをランダムまたはプログラム順に表示することができるシステムです。単純かつスピーディーに対応できます。
 
 

2012年1月
次世代ワールドホビーフェア '12 Winter

バンダイナムコゲームス(現バンダイナムコエンターテインメント)ブースにてステージインターバル中にブース内の来場者の子供達にランダムにフキダシを出し、ブース内大型スクリーンに映し出しました。

2013年11月1日 - 20日
行け!稲中卓球部 20周年記念プロジェクト

東京スカイツリー内のテレビ局公式ショップ「Tree Village」で行われた特別展示「行け!稲中卓球部 20周年記念プロジェクト」でフェイストラッキングシステムを使用し、テレビモニタに映った来場者の顔がキャラクターに変わり、名ゼリフのフキダシがランダムに現れるというインタラクティブ展示を行いました。

※画像はイメージです

 
 


 
 

2012年1月
次世代ワールドホビーフェア '12 Winter

バンダイナムコゲームス(現バンダイナムコエンターテインメント)ブースにてステージインターバル中にブース内の来場者の子供達にランダムにフキダシを出し、ブース内大型スクリーンに映し出しました。
 

※画像はイメージです

 
 

2013年11月1日 - 20日
行け!稲中卓球部 20周年記念プロジェクト

東京スカイツリー内のテレビ局公式ショップ「Tree Village」で行われた特別展示「行け!稲中卓球部 20周年記念プロジェクト」でフェイストラッキングシステムを使用し、テレビモニタに映った来場者の顔がキャラクターに変わり、名ゼリフのフキダシがランダムに現れるというインタラクティブ展示を行いました。